最新記事一覧

費用の仕組み

草刈り機

業者によって異なる

戸建ての住民にとって悩みの種になりがちなのが、自宅の庭の草刈りです。小さな庭ならとにかくある程度の広さがある庭だと、空いた時間で草刈りをしても次から次へと雑草が生えてきて大変です。庭をすべてコンクリートにしてしまってもいいのですが、土の庭はガーデニングの楽しみや、自宅で自然と触れ合えるというメリットもあります。草刈りしている時間が無いなら、業者に依頼して代わりに草刈りをしてもらうという方法もあります。最近では一世帯当たりの住民の数も少なくなり、庭を管理できる人数が確保できない家庭も多いので、草刈りを業者に頼む人も増えています。業者による草刈りは、人の手によって草を引き抜く手抜きの他に、手持ちの草刈り機を用いたり、広大な土地の場合にはトラクターなどを用いる場合もあります。庭は住宅によって広さや形状が異なり、斜面や地面の起伏が激しかったりと、草刈りが難しい庭もあります。こうした場合でも業者であれば、庭の状況に合わせた最適な方法で、丁寧に草刈りをしてくれます。費用の仕組みとしては作業面積と時間、雑草の草丈などによって基本的な料金が決まり、そこに雑草の処分費用や使用する機材の使用料などが加算されたものが作業代金となります。業者が刈り取った雑草を処分した場合には、家庭で出たごみの処分費用よりも高額になるため、依頼者が処理する代わりに作業費用を抑えてくれる業者もあります。各業者によってサービス内容はもちろん、費用設定も大きく異なります。見積もりは無料で出してくれる業者が殆どなので、依頼する際には数社の見積もりを見比べるなどして適した業者を選ぶようにしてください。