最新記事一覧

森林を保護することにも

庭

行う場合には専門業者に

日本はその国土の多くを森林が占めていますが、そんな森林を保護するために行われている方法の一つが間伐です。人間が手を加えない自然のままの状態が一番良いと考える人もいますが、実は森林を保護するのに間伐はとても重要な役割を果たしているのです。自然のままの森林では草木が自由に生い茂ってしまうため、十分な栄養や日光を確保することが出来なくなってしまうことがあります。その結果として弱った草木ばかりが増えてしまうことになってしまうのです。これを防ぐことが出来るのが間伐です。余分な草木を排除することで健康な木々を増やすことになり、その結果として森全体を健康な状態にすることが出来るのです。また、間伐を行うということは森林を健康にするだけではなく山火事を防ぐという効果もあります。海外と違って日本では山火事は頻繁に起きることはありませんが、間伐が行われていない森林では枯れてしまう草木も多いのでそういった草木が増えることで山火事が発生しやすい森林になってしまうのです。そんな森林保護に重要な役割を果たしている間伐ですが、行う際には専門業者に依頼するのが一般的です。その理由としては間伐という作業がとても重労働であるというだけではなく、闇雲に伐採するのでは間伐にはならないからです。どの辺りの木を何年ごとに伐採すれば良いのかというのは専門的な知識が必要であるため、知識と経験が豊富な専門業者が行うのが一般的となっています。